• トップ /
  • 求人応募における正社員の評価

正社員は大きな評価を得れる

求人応募における正社員の評価

正社員は求人応募の評価に

求人に応募する際に、過去の職歴を整理して記述していく必要があります。このときに、正社員であったことは大きなアピールとなり、転職先において評価を高めることができます。その理由としては、近年、日本の企業は、正社員を雇うよりも非正規労働者を雇い、仕事を補おうといった傾向にあり、労働者における、非正規労働者の割合が増えているためです。そのなかで、社内での正社員の立場は、より責任をもつ役割で働くことを期待されるところとなり、そういったプレッシャーのなかで働いてきたことは、求人応募において評価が高くなるのです。さらに、正社員であったことは非正規労働者よりも賃金は高いですし、充実した福利厚生などを受けてきたことなります。これが意味するところとしては、それだけのものを企業は投資しうる存在であったことの大きな証明となるということです。そのため、求人に応募する際には、過去正社員であったこと、及び、その立場であったからこそ、非正規労働者とは違いどういった成果を生み出してきたのかを履歴書や職務経歴書などの書類であったり、実際の面接でアピールすることによって、評価はあがり、次の転職先を容易に探すことにつながります。

↑PAGE TOP

Menu